Entry

2012年07月30日

ステキな金縛り

ステキな金縛り

----------
弁護士の宝生エミは、裁判を任されても失敗ばかり。ラストチャンスとして与えられた仕事は、妻殺しの容疑で捕まった矢部五郎の弁護だった。矢部は「犯行時間は、旅館で落ち武者の幽霊にのしかかられ、金縛りにあっていた」という。その旅館を訪ねたエミは、更科六兵衛という落ち武者の幽霊に遭遇し、裁判で矢野のアリバイを証言してくれるよう依頼する。六兵衛は証言台に立つことを承知するが、六兵衛は誰にでも見えるわけではなく…。
----------
まずは、、
長いですから~。
前半だよねぇ…途中、飽きちゃったよ。

後半は少し盛り上げてきたかな。
深津絵里がかわいんだ。
変わんないねぇ、
言い方変えると成長していない?
あの手の役をやると、いつもあんな感じだよね。
でも、好きだな。

竹内結子も良かった。
個性的な尖った役が合ってるよ。
最近多かった、女の子っぽいねちゃねちゃしゃべるのは、気持ち悪かったから。

お話としては、まるで荒唐無稽で、
どこまでこの話の中に入れるか ってところで面白いか面白くないかが分かれるところだね。
でも、最後父親が出てきたところは、ちっと泣けた。

それにしても出演者が豪華、
主役張れる人がチョイ役でバンバン。
これが三谷幸喜の力か。

★★★☆☆
2011年 日本
監督:三谷幸喜
出演:深津絵里 / 西田敏行 / 阿部寛 / 
http://www.sutekina-eiga.com/

Pagination

  • Newer
  • Older
  • Page
  • 1