Entry

2012年12月

ヘルプ ~心がつなぐストーリー~

ヘルプ ★★★★☆

-----------
アメリカ・ミシシッピ州。1960年代当時、白人家庭でメイドとして働く黒人女性は“ヘルプ”と呼ばれていた。作家志望のスキーター(エマ・ストーン)はメイドの置かれた立場に疑問を抱き、彼女たちにインタビューをすることに。仕事を失うことを恐れて、皆が口をつぐむ中、一人の女性の勇気が社会を揺るがすことになる。
----------

真実を語れば、職を失うどころか命さえ危うい、黒人差別。
この時代の話を、リアルに作れば作るほど胸が苦しくなるような場面が多くなる。
この映画にも、いやな女たちが出てくるけど、
メイドの味方のスキーターや懸命に生きるメイドたちのお陰で希望が見える。

不思議なのは、同じトイレを使うなんて汚らわしい! と そこまで卑しめてるメイドに自分の子を預けてるってとこ。
連中は病気を持ってるからね なんて言っちゃって、そのくせメイドが作った料理をバクバク食べる。
結局自分の都合のいいとこ取りで、面倒くさいことはやりたくないってことだよね、
この手の話に出てくる白人は、もー最低の人種なんだよねー。
『くそくらえ』には、やれやれーという感じ。

本が一冊出た程度で、差別というものが無くなるわけじゃないでしょう。
でも、メイドである彼女たちが前を向いて生きていくのを応援したくなる、とてもいい映画。

★★★★☆
2011年 アメリカ
監督:テイト・テイラー
出演:エマ・ストーン/ヴィオラ・デイヴィス/オクテイヴィア・スペンサー

外事警察

外事警察

----------
東日本大震災の混乱が続く、2011年の日本。原子力関連部品のデータが、某大学の施設から盗み出される事件が発生する。警視庁公安部外事課の住本(渡部篤郎)は、不正輸出にかかわっているとマークしていた奥田交易の社長夫人・果織(真木よう子)の経歴や行動パターンを調査。彼女を協力者として取り込む住本だったが、何者かに刺されてしまう。やがて、その襲撃が日本にひそんでいる韓国人工作員から警告であることが判明し……。
----------


★★★☆☆
2012年 日本
監督:堀切園健太郎
出演:渡部篤郎/キム・ガンウ/真木よう子

テルマエ・ロマエ

テルマエ・ロマエ

----------
古代ローマ、アイデアが行き詰まり失業した浴場設計技師のルシウス(阿部寛)は、友人に誘われた公衆浴場でタイムスリップしてしまう。たどり着いた場所は、何と日本の銭湯。そこには「平たい顔族=日本人」がいて、彼は漫画家志望の真実(上戸彩)と出会う。ルシウスは日本の風呂の文化に感銘を受け、そこで浮かんだアイデアを古代ローマに持ち帰り一躍有名になっていくが……。
----------

人気コミックの実写映画化だそうで、面白そうだね。

面白かった。
一番気に入ったフレーズが ”平たい顔族” 受けたよ~。
確かに、鼻が衝立みたいになってるローマ人から見たら、
日本人の顔はまっ平らだ、で まんま平たい顔族 あはは…。

古代と現代の行き来で、歴史が変わっちゃう ってなことは、よく使われるお話なんだけど、この物語の中でどう調整していくのかというのが面白いとこなのよねぇ。

阿部寛って、ホントすっとぼけた役が上手い。
っていうか、あれが本人の味なんじゃなかろうか。

★★★☆☆
2012年 日本
監督:武内英樹
出演:阿部寛/上戸彩/北村一輝
http://thermae-romae.jp/index.html

Pagination

  • Newer
  • Older
  • Page
  • 1