Entry

User: puipui

最強のふたり

最強のふたり

--------- story -----
不慮の事故で全身麻痺(まひ)になってしまった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、新しい介護者を探していた。スラム出身の黒人青年ドリス(オマール・シー)は生活保護の申請に必要な不採用通知を目当てに面接にきた不届き者だったが、フィリップは彼を採用することに。すべてが異なる二人はぶつかり合いながらも、次第に友情をはぐくんでいき……。
---------------------

実話が元で、フランス人の三分の一が観たとかどうとかの映画。

生まれも育ちも、天と地ほどの違いがあるふたりが出会っての作用が良い方に出たお話だね。
同じ条件だとしても、こう上手くいくとは限らない。

スラム出身のちょっと悪くて、でも元気な青年ドリスに、
フィリップは興味を持ったのでしょう。
不自由な体に、飽き飽きしてたのかもしれない。
ほんの気まぐれで雇ったのかも知れない、
なんたって、採用した人たちは、2週間ともたず止めてしまうからね。
きっと誰が来ても同じと思ったのでしょうねぇ。

何の飾りもない、”障害者” なんて本人に不躾に言ってしまうほど、
でもそこに悪意や差別はなく、
ただ事実を言ってるだけのドリス。
ドリスのやること、型にはまらない、
障害者用の車なんて嫌、カッコいい車で飛ばそう。
フィリップは体が不自由になってからは出来なかったことを、ドリスが経験させてくれる。
マリファナなんて、健康な時でもやったことがなかったかも。
無遠慮なドリスだけど、気持ちはやさしい人なんだ。

このドリス役をやったオマール・シーが、ホントにいい。
彼のお陰でこの映画は数段良くなったんじゃないだろうか。


★★★★☆
2011年 フランス
監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ
出演:フランソワ・クリュゼ/オマール・シー/アンヌ・ル・ニ
http://saikyo-2.gaga.ne.jp/

最終目的地

最終目的地

---------- story -----
コロラド大学の教員オマー(オマー・メトワリー)は、1冊の著作を残し自ら命を絶った作家ユルス・グントの伝記執筆の許可を得るため、ウルグアイのユルスの屋敷を訪れる。そこではユルスの兄アダム(アンソニー・ホプキンス)とその恋人、ユルスの妻、そしてユルスの愛人と娘が一緒に暮らしていた。オマーは、遺族のキャロライン、アーデン、アダムに伝記執筆にあたっての交渉をするが、アダムに話を持ち掛けると……。
----------------------


★★☆☆☆
2008年 アメリカ
監督:ジェームズ・アイヴォリー
出演:アンソニー・ホプキンス/ローラ・リニー/シャルロット・ゲンズブール/オマー・メトワリー/真田広之
http://www.u-picc.com/saishu/index.html

マルタのやさしい刺繍

マルタのやさしい刺繍

---------- story -----
夫の死により打ちひしがれたマルタ(シュテファニー・グラーザー)。そんな中、村の男声合唱団の新しい団旗を、仕立て屋だったマルタが作ることに。生地店の美しいレースを見ているうちに、マルタは“パリに自分で仕立てたランジェリーのお店を開くこと”が夢だったことを思い出す。昔の勘を取り戻しながら下着を仕立てあげたマルタだったが、厳格なプロテスタントの村では受け入れてもらえなかった。
----------------------


★★★☆☆
2006年 スイス
監督:ベティナ・オベリル
出演:シュテファニー・グラーザー/アンネマリー・デューリンガー/ハイジ=マリア・グレスナー/ミニカ・グプサー/ハンスペーター・ミュラー
http://www.alcine-terran.com/maruta/

エクスペンダブルズ2

エクスペンダブルズ2

----------story-----
東欧バルカン山脈の山岳地帯に墜落した輸送機からデータボックスを回収する仕事を引き受けた、バーニー(シルヴェスター・スタローン)が率いる傭兵部隊エクスペンタブルズ。だが、ヴィラン(ジャン=クロード・ヴァン・ダム)をリーダーとする武装グループの襲撃を受け、データボックスを奪われた上に、メンバーの一人を失ってしまう。ヴィランたちが、ボックスに収められたデータから旧ソ連軍の埋蔵プルトニウムを見つけ出し、他国に売ろうとしていることを知ったエクスペンタブルズは、仲間の復讐(ふくしゅう)を果たすためにも彼らに戦いを挑んでいく。
--------------------


★★★☆☆
2012年 アメリカ
監督:サイモン・ウェスト
出演:シルヴェスター・スタローン/ジェイソン・ステイサム/ジェット・リー/ドルフ・ラングレン/アーノルド・シュワルツェネッガー/フルース・ウィリス/ランディ・クートゥア/テリー・クルーズ/リアム・ヘムズワース/チャック・ノリス

リンカーン 秘密の書

リンカーン 秘密の書

----------story-----
母親が人々を襲うヴァンパイア集団に殺されたことを知ったエイブラハム・リンカーン(ベンジャミン・ウォーカー)は、リベンジを果たそうとおのを駆使した戦闘術をマスターしていく。やがて、黒人奴隷の売買によって食料となる人間をヴァンパイアたちが確保し、それを悪用して政治家が富を得ている事実を知る。個人の力だけでは彼らに太刀打ちできないと感じたリンカーンは、政治の道へと進んで大統領に。昼は大統領として責務を果たし、夜はハンターとしてヴァンパイアを倒していくが……。
--------------------

★★☆☆☆
2012年 アメリカ
監督:ティムール・ベクマンベトフ
出演:ベンジャミン・ウォーカー/ドミニク・クーパー/アンソニー・マッキー

推理作家ポー 最期の5日間

推理作家ポー最期の5日間

----------story-----
1849年のボルチモア。ある殺人事件を担当することになった若手刑事エメット・フィールズ(ルーク・エヴァンス)は、事件が推理作家エドガー・アラン・ポー(ジョン・キューザック)の作品によく似ていることを察知。貧乏で酒におぼれる生活を送るポーは容疑者とみなされるが、捜査が進められる中、彼の著作をまねるように連続殺人が発生。その後、自らのアリバイが証明されたポーは、事件解明のため捜査に加わるが……。
---------------------

★★☆☆☆
2012年 アメリカ
監督:ジェームズ・マクティーグ
出演:ジョン・キューザック/ルーク・エヴァンス/アリス・イヴ

アルゴ

アルゴ

----------story-----
1979年11月4日、テヘラン。イラン革命が激しさを募らせ、その果てにアメリカ大使館を過激派グループが占拠し、52人もの人質を取るという事件が起きる。パニックの中、アメリカ人6名が大使館から逃げ出してカナダ大使の自宅に潜伏。救出作戦のエキスパートとして名をはせるCIAエージェントのトニー・メンデス(ベン・アフレック)は、6名が過激派たちに発見され、殺害されるのも時間の問題だと判断。彼らを混乱するテヘランから救出する作戦を立案する。しかし、それは前代未聞で大胆不敵、そして無数の危険が伴うものだった……。
--------------------

このお話は事実らしい。
事件当時のカーター大統領が機密扱いにし、
1997年これが解除されて映画になった。

今から30年以上も前の出来事、イラン革命。
アメリカ合衆国政府の傀儡だった政権を打倒するため民衆自体が起こし成就させた革命 。
そんな中起こったアメリカ大使館占拠事件。
歴史的背景は複雑(もとはアメリカもろくなことしてないな)だけど、
その時に大使館から逃げ出した6人を救おうとCIAエージェントが向かう。
最後までドキドキで、
成功したときは当事者のようにホッとしたよ。


★★★★☆
2012年 アメリカ
監督:ベン・アフレック
出演:ベン・アフレック/アラン・アーキン/ブライアン・クランストン

そして友よ、静かに死ね

そして友よ、静かに死ね

----------story-----
仲間との連帯感と忠義を重んじ、裏社会で生きていることに誇りを抱いているエドモン(ジェラール・ランヴァン)。親友のセルジュ(チェッキー・カリョ)と共に強盗事件を起こし続けていくうちに、「リオンの奴ら」と呼ばれる伝説的ギャングとなって恐れられるようになった。しかし、悪名をとどろかせていた彼も還暦を迎えて、かつてのギャングとしての生活を忘れようとしていた。だが、13年ぶりにセルジュと思いも寄らぬ再会を果たしたことをきっかけに、再び危険な世界へと足を踏み入れる。
-------------------

男の世界、こういう映画結構好き。
友情は固く守らねば。
裏切りは許さないよ。

伝説的なギャングも、今ではジィさん。
派手なドンパチは無いが、
その分静かな重厚さを感じる。


★★★★☆
2011年 フランス
監督:オリヴィエ・マルシャル
出演:ジェラール・ランヴァン/チェッキー・カリョ

メルシィ!人生

メルシィ!人生

----------story-----
コンドーム工場に勤めるピニョン(ダニエル・オトゥーユ)は平々凡々で退屈なサラリーマン。妻と別れ、愛する息子も自分に無関心だ。ある日、人員削減の一環でピニョンのクビが噂になる。意気消沈し、身投げしようとベランダへ出たピニョンに隣の老人ベロン(ミシェル・オーモン)が、クビにならない方法がある、と持ちかけた。その方法とは、ピニョンはゲイだ、とふれまわること。効果抜群、ゲイの反感を恐れた社長はピニョンのクビを撤回し、社内は急に、ピニョンに注目し始めた!
--------------------

お話はゆるりと進む。
一応コメディみたいだけど、
ぎゃははと笑う感じではなく、
ほどほどニヤリな感じ。

★★★☆☆
2000年 フランス
監督:フランシス・ヴェベール
出演:ダニエル・オートゥイユ/ジェラール・ドパルデュー/ティエリー・レルミット

ストレイト・ストーリー

ストレイト・ストーリー

----------story------
娘と二人で暮らしている年老いたストレイトは、10年来仲違いをしていた兄が発作で倒れたという知らせを受ける。なんとか自力で兄に会きたいと考えたストレイトは、芝刈り機で旅に出ることを決意する。
--------------------

爺さんの映画。
何度も言うように爺さんには弱い。
今までの背負ってきた人生と残された短い時間のせいかなぁ…。

この話は、杖を使わなければ歩けないような爺さんが、
トラクターで、仲たがいをしてる遠方の兄に会いに行く。
途中、元気な若者に出会うと、「若い人はいいなぁ」とか、
親切な人に出会い助けてもらうとか、
戦争中の悲惨な思い出を語るとか、
喧嘩ばかりしてる風の兄弟に「兄弟はいいものだよ」とか、
良くある話っちゃ話なんだけど、
なんだか素直に観てしまう。

広大なアメリカの土地を、トラクターでトコトコ走る姿。
走るというより歩いてるって感じだけど。
街中を犬が走り回ってる。
いいねぇ。


★★★★☆
1999年 アメリカ
監督:デイヴィッド・リンチ
出演:リチャード・ファーンズワース/シシー・スペイセク/ハリー・ディーン・スタントン

Pagination