Entry

User: puipui

華麗なるギャツビー

華麗なるギャツビー

★★★★☆
 大富豪のギャツビーが、昔の恋人のために、あれやこれやとする。
今では人妻の彼女と、はたして幸せはやって来るのでしょうか…というお話。 
 
ディカプリオ いいわぁ…と初めて思いますた。
あのブルーアイ(だったわよね)で じーーーーーと見つめられて、愛されたら、ほんとしあわせ~~になるんじゃなかろか。
あんな一途な恋、実際には ないない。

しかし、大金持ちでサラブレッドのはずの彼が、実はペテン師で、と分かったらどうするかなぁ。 
嘘をついてたってことで、自分への愛も疑わしく思ってしまうだろうか。

そして、女は逞しい。
自分を守るためなら、どんなに愛しい人でも、すっぱり切り捨てられるもんね。

豪華絢爛、湯水のようにお金を使ったパーティから、たった一人で死んでいった、ギャツビーのあっという間の人生。
世間は冷たいやね。
でもこれが現実だって。

2012年 アメリカ
監督:バズ・ラーマン
出演:レオナルド・ディカプリオ/トビー・マグワイア/キャリー・マリガン/ジョエル・エドガートン 

マリーゴールド・ホテルで会いましょう

20131026225326.jpg★★★★☆
イギリスの現役を退いた人たち、色々な事情でインドにあるマリーゴールド・ホテルに行きつくことになる。
さて、このホテル、ステキな広告とは大違い、見かけにも経済的にも、今にも倒れそうなホテルだったのだ。
そこで出会った人たちの、あんなこんなのお話。

なんでインドなのか分からないけど、それにしてもインドは凄い。
こちらの常識とは常識が違う。
それを可笑しいと思えるか、腹立たしいと思うか、こちら次第だ。

人生の最期が見えてきた時、どう生きるのか。
こういう映画を見ると、考えちゃうよねぇ。
胸がチリチリって少し寂しくなるけど、インドの熱気と生命力とでもいうか、そんなんで最後まで力強く生きようって思える。


2011年 イギリス・アメリカ・アラブ首長国連邦
監督:ジョン・マッデン
出演:ジョディ・デンチ/ビル・ナイ/ペネロープ・ウィルトン/デヴ・パテル/セリア・イムソー/ロナルド・ピックアップ/トム・ウィルキンソン/マギー・スミス
http://www.foxmovies.jp/marigold/

ジャンゴ 繋がれざる者

  • 2013/10/21

20131021175237.jpg★★★★☆
1858年、アメリカ南部。
黒人が奴隷として売買されていた時代。
奴隷であるジャンゴが、ドイツ人の医師 いや賞金稼ぎと出会い、なんだかんだで相棒となり、別れた妻を取り戻すべく、やっぱ なんだかんだで、鼻もちならない金持ちらを倒すお話。

いやぁ むなくそ悪くなるよな白人がごろごろ出てきて、やな時代でしたわねぇ と思う。
でもさ、一番嫌なやつって、自分が黒人でありながら、黒人を売るような 売国奴的なやつ。
地獄の業火で焼かれてしまえ。

予備知識なく観たので、途中ディカプリオが出てきて、あらびっくり、そうだったの。

ドイツ人の医師は、口八丁手八丁の賞金稼ぎだけど、良い奴なんだ。
まっ、殺されちゃうんだけどね、
こんなことしたら自分も死ぬだろ って分かってるけど、
「我慢ならなかったんだ」って、死ぬ前に言ったのだよ。分かるなぁ その気持ち。
人として、こいつは許せない! って思ったんだよね。

ジャンゴにはぜひ幸せになって欲しいわね。
出来の良い映画。

2012年 アメリカ
監督:クエンティン・タrンティーノ
出演:ジェイミー・フォックス/クリストフ・ヴァルツ/レオナルド・ディカプリオ

オブリビオン

  • 2013/10/07
  • Category:SF

20131021003439.jpg★★★☆☆
母星を失い、地球を奪おうとやって来たエイリアンと戦い、勝利したものの壊滅的になった地球。
人類は地球を捨て他の星へと向かう。
そして、そこに残ったひと組の男女と、エイリアンの残党。
人類は海水を確保するために、まだまだ地球を手放すわけにはいかないのだ。

と、まぁそのチームと残党との攻防になるのだけど、そこには深ーい裏があって…。
途中でなんとなぁく分かっちゃう。
トム・クルーズだから、なんとか面白く観れたかな という感じ。

2013年 アメリカ
監督:ジョセフ・コシンスキー
出演:トム・クルーズ/モーガン・フリーマン/
http://oblivion-movie.jp/

リンカーン

リンカーン

第16代アメリカ合衆国大統領エイブラハム・リンカーンの伝記ドラマ。

エイブラハム・リンカーン(ダニエル・デイ=ルイス)が、大統領に再選された1865年。アメリカを内戦状態に追い込んだ南北戦争は4年目に突入したが、彼は奴隷制度を永遠に葬り去る合衆国憲法修正第13条を下院議会で批准させるまでは戦いを終わらせないという強い決意があった。そのためにも、国務長官ウィリアム・スワード(デヴィッド・ストラザーン)らと共に憲法修正に必要な票を獲得するための議会工作に乗り出す。

票を獲得するためには、いろいろやるのよねぇ。
この法案が通ったあかつきには、君の身分はこんなに良くなるよー とか、
弱みを握って、そこをチクチクするとか、
そういうのは常套手段だよね。
正しいとは言えないけど、良くも悪くもそういう手でも使わないと、
意見なんてまとまらないんじゃ。
ただ人としての良識は最低限持っていて欲しいけど。
中国みたいに賄賂だけで成り立ってるようじゃ困る。

結果、この法案は通り、黒人は法の元自由になったが、
この戦争で、62万人の死者を出したというのだから、大変な犠牲だ。

ふと、
リンカーンはアメリカ合衆国大統領であり、
じゃ誰がアメリカ合衆国大統領と戦ってるのかな と思った。
で、ウィキペを覗くと こうあった、
「奴隷制存続を主張するアメリカ南部諸州のうち11州が合衆国を脱退、アメリカ連合国を結成し、合衆国にとどまった北部23州との間で戦争となった。」
そっか。

★★★★☆
2012年 アメリカ
監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:ダニエル・デイ=ルイス/サリーフィールド/デヴィッド・ストラザーン/トミー・リー・ジョーンズ

テッド

テッド

---------- ストーリー -----------
とある少年がクリスマスの夜に、大好きなぬいぐるみがお話しできますようにとお願いすると、願いは聞き入れられ、大親友の話すぬいぐるみテッドが誕生。
そして20年か…そんくらい後、少年は青年へ、テッドもね成長して と。
テッドは麻薬やったり、女好きだったり、ろくな成長はしてなくて、
青年とも喧嘩したりして、彼女も巻き込んでのなんだかんだ…。
でも、テッドの拉致があり、テッドが傷つき魔法が消えてしまうと、
青年にとって、テッドはなんてかけがえのないものだったんだろうかと、
まぁ、よくある展開だけど思うわけ。
で、最後は 魔法が・・・・・。
---------------------------------------------

でも、
こんな話すぬいぐるみがいたら、欲ちいよ~、と思いますけど。
テッドも動きがね、かわいいのよ。
お尻とか、足とか。
ちっと 生意気なところも、いいのよねぇ。

それなりに癒される映画というところかな。

★★★☆☆
2012年 アメリカ
監督:セス・マクファーレン
出演:マーク・ウォールバーグ/ミラ・クニス

ダイ・ハード/ラスト・デイ

ダイ・ハード/ラスト・デイ

---------- story ----------
久しく会っていなかった息子ジャック(ジェイ・コートニー)がロシアでトラブルを起こした上に、ある裁判の証人となったと知らされた刑事ジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)。身柄を引き取りに現地を訪れた彼だが、そこでテロ事件に巻き込まれてしまう。相変わらずの運の悪さを呪いながらも、混乱状態に陥った状況下でジャックと再会するマクレーン。しかし、なぜか親子一緒に次期ロシア大統領候補の大物政治家、大富豪、軍人らが複雑に絡む陰謀の渦中へと引きずり込まれるハメになり……。
---------------------------

のっけからドンパチ、痛快で面白い。
ジョン・マクレーンが最後は絶対勝つのだから、
悪い奴らをやっつけろ いけー ってなもんで、
スカッとしたい時にはちょうど良い映画だ。
ブルース・ウィルスもジジイになったから、なかなか辛いでしょうこういう役。
なので激しく動ける息子を使ってと。

物語の大筋、ロシアでの事件、チェルノブイリが出てきたりで面白いし、
親子のさりげないやり取り、反発したり、離れていても、やっぱ切り離せない情があるみたいな感じもやり過ぎなくて良かったと思う。

面白かったけど、ダイ・ハードでしょう・・・
他にネタはないのかねぇ とちょっと思うよね。


★★★★☆
2013年 アメリカ
監督:ジョン・ムーア
出演:ブルース・ウィルス/ジェイ・コートニー

砂漠でサーモン・フィッシング

砂漠でサーモン・フィッシング

---------- story ----------
「イエメンでサケ釣りをしたい」という依頼を受けた水産学者のジョーンズ博士(ユアン・マクレガー)。そんなことは絶対無理だと相手にしなかったものの、何とイギリス外務省後援の国家プロジェクトに発展。ジョーンズは、イエメンの大富豪の代理人ハリエット(エミリー・ブラント)らと共に無謀な計画に着手する。
---------------------------


★★★☆☆
2012年 イギリス
監督:ラッセ・ハルストレム
出演:ユアン・マクレガー/エミリー・ブラント/クリスティン・スコット・トーマス

アウトロー

アウトロー

----------- story -----
真昼のピッツバーグ郊外で無差別に6発の銃弾が撃ち込まれ、5名が命を落とすという事件が発生。警察は事件発生後1時間という早さで、元軍人で腕利きスナイパーだったジェームズ(ジョセフ・シコラ)を容疑者として拘束する。だが彼は容疑を全面否認し、かつて軍の内部で一目置かれていたジャック(トム・クルーズ)への連絡を求める。
----------------------

結局、トム・クルーズのハードボイルドさを見てね ってとこか。


★★★☆☆
2012年 アメリカ
監督:クリストファー・マッカリー
出演:トム・クルーズ/ロザムンド・パイク

声をかくす人

声をかくす人

---------- story -----
南北戦争終結から間もない1865年のワシントンで、アメリカ合衆国大統領リンカーンが暗殺される。すぐさま犯行グループは拘束され、その一人として下宿屋を営む南部出身のメアリー・サラット(ロビン・ライト)も捕らえられる。罪状は犯行グループへのアジト提供であったが、彼女は一貫して無実を主張。メアリーの担当弁護士を引き受けることになったフレデリック(ジェームズ・マカヴォイ)は、北軍の英雄であったこともあって彼女と向き合うことに抵抗を覚えるが、実際に無実で何かの事情から自身を捧げようとしているのではと考える。
---------------------


★★☆☆☆
2011年 アメリカ
監督:ロバート・レッドフォード
出演:ジェームズ・マカヴォイ/ロビン・ライト/ケヴィン・クライン

Pagination